スペシャルティコーヒー

コーヒーは世界中で飲まれるようになってからも、国際的な基準がないままに取引がされている状態が続いていました。1978年にSCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)が設立され、「from seed to cup」(コーヒーの生産(種)からカップに至るまですべてのプロセス」によって「スペシャルティコーヒーがつくられる」という考えが広がりました。
SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)でもこの考えを取り入れ、生産では栽培管理・収穫・処理や選別、品質管理まで追跡可能で適正に行われ、欠点豆(傷があったりカビが生えている豆)の割合が極めて少ないことがスペシャリティコーヒーの条件としています。そして、輸送や保管についても劣化のない配慮がなされ、適切な抽出により生産地の特徴が表現されることが求められます。
味についてSCAJでは、カップ・クォリティのきれいさ、甘さ、酸味の特徴評価、口に含んだ質感、風味特性・風味のプロフィール、後味の印象度、バランスという7つの項目を設けています。さらに、食の安全性のためのトレーサビリティ(追跡可能性)、自然環境を守りながらコーヒーを持続可能な栽培を推奨するサスナビリティもスペシャルティコーヒーでは重視されているようです。
スペシャルティコーヒーの中でも、コーヒーの生産国でその年に収穫された中で最高の豆を決める品評会で、最高だと認められたコーヒーに与えられるのがカップオブエクセレンスという称号です。