サードウェーブコーヒーに続く?フォースウェーブコーヒーの候補とは

コーヒーが一般家庭に広く飲まれるようになったファーストウェーブ、深煎りコーヒーやフレーバーコーヒーなど選択肢が広がりファッショナブルな印象も加わったセカンドウェーブ、豆の品質だけでなく生産された環境や輸送、焙煎、抽出すべてにこだわりを持つサードウェーブと、コーヒーには大きな波があります。サードウェーブコーヒーのチェーン店の日本出店に大行列ができるなど、サードウェーブコーヒーは多くの支持を得ているようですが、次に来るであろうフォースウェーブを既に推測している人もいるようです。
その候補として挙げられているのが「自宅で楽しむコーヒー」や「バリスタを指名できるコーヒーショップ」「ブレンド」などです。もちろん、現在でも自宅でコーヒーをこだわりのドリップで飲んでいる人もいるでしょうが、さらに豆にこだわって定期購入したり、ドリップする用具を選ぶ人が増えるかもしれません。水や野菜の定期購入などのように、厳選したコーヒー豆を宅配するサービスが多く利用され「ウチゴハン」ならぬ「おウチカフェ」が流行するかもしれません。
美容院で美容師を指名するように、バリスタを選ぶサービスが広がることも考えられます。美容院に行くと、ショップカードと共に担当した美容師の名刺を渡され、気に入れば次回から美容師を指名することができます。指名料が加算されても、自分の好みの人にカットしてもらいたいという人も少なくないようです。これと同じように、出されるコーヒーと共に名刺が置かれ、そのコーヒーの味が気に入れば次回から指名するといったことも考えられそうです。
また、サードウェーブでは豆本来の味を楽しむため、単一種だけのシングルオリジンが広がりましたが、個々の豆の個性を活かしながらブレンドすることも次の流れとして考えられるのではないでしょうか。